熊本で「不動産売却・購入」のご相談なら、熊本のグッドサポート不動産

不動産売却・購入サポート

《 土地・一戸建て・マンション 》

住宅資金の贈与【相続時精算課税制度】


カテゴリ:住まいの税金

相続時精算課税制度は、贈与財産に対する贈与税を納め、

その贈与者が亡くなった時にその贈与財産の贈与時の価額と相続財産の価額とを

合計した金額を基に計算した相続税率から、既に納めたその贈与税相当額を

控除することにより贈与税・相続税を通じた納税を行うものです。

 

 非課税額

 

20歳以上又はに対し、直系尊属より2,500万まで贈与税が課せられません。

 

相続時精算課税制度とは、60歳以上父母又は祖父母より

20歳以上の子又は孫への生前贈与を2,500万まで非課税にし、

超える部分は一律20%の税率で贈与税がかかりますが、

その贈与税は相続の際に贈与財産を、

相続財産に加算して計算された相続財産から控除することで精算されます。

 

※「住宅取得等のための資金の贈与」では、贈与者が60才未満であっても、

相続時精算課税制度を選択することが出来ます。

 

  相続時精算課税制度の適用手続き・提出期限

 

相続時精算課税制度を選択しようとする

受贈者である子供は、その選択に係る

最初の贈与を受けた翌年2月1日から3月15日までの間に

納税地の所轄税務署に対して「相続時精算課選択届出書」を一定の書類とともに

贈与税の申告書に添付して提出することとされています。

 

 

グッドサポート不動産 (社)熊本県宅地建物取引業協会会員

click_blu_maru3ホームに戻る