熊本で「不動産売却・購入」のご相談なら、熊本のグッドサポート不動産

不動産売却・購入サポート

《 土地・一戸建て・マンション 》

住宅購入【親が反対する理由】


カテゴリ:新築・家づくり

私が住宅会社の営業職時代、お客様とお打合せの

初期段階の時にお聞きする内容の一つとして、

 

「親御さんには家のご計画をお話しされていらっしゃいますか?」

ということをお聞きします。

 

案外「まだ話していないんです」という答えが多かったものです。

 

なぜそうような事をお打合せの初期段階にお聞きするかといいますと、

マイホーム購入計画が決まり、ようやくスタート地点に立った時、

お客様は希望に満ちていてとてもワクワクした気持ちになっています。

 

ただ、親御さんが反対をされたらどうでしょう。

 

おそらく大半の人は、ワクワクした気持ちが沈んでいくかと思います。

そして「どうして反対するんだろう?」

こう思われると思います。

 

ここでお伝えしたいことは、

お客様がマイホームを購入しようと思ったのなら、

なるべく早めに親御さんに報告をすることです。

 

そこで住宅営業経験をもとに、

親御さんからの 反対のケースを2つご紹介いたします。

 

2つのケースから反対の理由を知り、

報告の仕方を考えていただければと思っております。

 

 「まだ早い」と言われ反対されるケース

 

このケースの場合は、家を建てる年齢が若かったり、

結婚や就職、転職をして間もなかったりする場合が多いです。

 

また、ある程度年齢や勤続年数があった場合でも言われることがあります。

 

なぜ、親御さんは早いと言って反対するんでしょう?。

 

理由の一つとして、

親御さんが家を建てた頃の当時は金利がとても高かったので、

 

あなたがこれから何千万という借入をして

この先きちんと払っていけるのかを心配しているからです。

 

親はいくつになっても親は親です。

子供のことをいつだって心配しているものです。

 

親としては、産まれた頃からずっと近くで見ていた子供が、

社会人になり、家庭を持ち、そして家を購入する。

親としては大変誇らしい気持ちですし、嬉しい気持ちになるでしょう。

でもずっと傍で見ていた子供だからこそ心配されるんです。

 

では、親御さんを心配させない、

つまりきちんとあなたが払っていけるのかを

安心させることは何なのか?考えましょう。

 

例えば、

現在は昔と違って住宅ローンの金利が低いということ、

そして支払っている家賃の額と毎月の住宅ローンの返済額に

大きな違いがないことや、

 

家を購入した場合に発生する固定資産税などの維持費のこと、

住宅ローン減税制度や繰り上げ返済のこと、

その他、子供の教育費など毎月支出する固定費のことなど、

 

家の購入を勢いで考えているのではなく、

しっかりとした返済計画を立てて考えていることを伝えることも一つです。

 

あと話はそれますが、

親から「きちんと払っていけのか?」と聞かれた際、

 

自信のない口調で「何とか払っていける」などの返答ではなく、

しっかりした口調で「心配いらない。大丈夫」と返答してもらいたいものです。

 

親を安心させることは何なのか?

親の立場になって考えると自ずと報告の仕方も変わるでしょう。

 

 「実家の家はどうする?」 と言われ反対されるケース

 

このケースの場合は、実家から離れた所に家を建てる場合が多いです。

とくに実家が田舎の方になればなるほど長男を重んじ、

親御さんとしてはいずれ長男家族は実家に戻ってくるだろうと思っています。

 

離れた所で子供が暮らすとなるとどこか寂しいきもちにもなりますし、

親御さんとしては、これから歳を重ねていく上で

近くに子供家族がいて欲しいと思うものです。

 

もし自分に何かあった時のことを考えて、

また実家の管理の事を考えて、

つまり将来のことを考えて親御さんは反対をしているのです。

 

このケースも相手の立場に立って考えてみることが大事です。

 

では質問します。

今現在、お互いの実家への行き来は多いでしょうか?

電話などの連絡は月に何回していますでしょうか?

 

今現在でも親御さんと会う頻度や連絡が少ないのなら、

あなたが実家より離れた所で家を建てた場合、

余計に親御さんとしては不安な気持ちになるでしょう。

 

どんなに離れた距離であっても、

会う頻度や連絡が多ければ、

人の気持ちは不安から安心感に包まれるものです。

 

会う頻度や連絡を増やし、そして根気よく、

将来の親のことや実家のことを

自分なりに考えている話をしてみてはいかがでしょうか。

 

親御さんへの報告の仕方で大事なことは、

自分の都合や意見を一方的に伝える前に、

まずは、親御さんの気持ちを理解することです。

 

親御さんが納得できる内容は何なのか考えましょう。

そうすると自ずと報告の仕方も変わります。

 

とは言っても、なかなか理解できないと思われる方もいるでしょう。

 

そこで親御さんの気持ちを理解する方法の一つとして、

シンプルに相手の気持ちを理解する方法をお伝えいたします。

 

それは『相手が話した言葉』をすべて紙に書き出してみることです。

そして、どうしてこの言葉を言ったのか?考えていきます。

 

『相手が話した言葉』から『相手が考えていること』を導き出す方法です。

 

尚、この方法は私自身がビジネスの上で実践しています。

言葉の理由から本質を導き出すのです。

 

できるだけ多く紙に書きだしてください。

 

頭で理解しようとすることもいいですが、

意外と本質を捉えれなかったりすることもあります。

 

紙に書くことで初めて、相手の気持ちを考え、

また相手から見た自分を客観視出来るものです。

 

何事も相手の気持ちを理解や分析をしないで、

一方的な考えや気持ちを伝えることは避けたいものです。

 

 

グッドサポート不動産 (社)熊本県宅地建物取引業協会

click_blu_maru3ホームに戻る