熊本で「不動産売却・購入」のご相談なら、熊本のグッドサポート不動産

不動産売却・購入サポート

《 土地・一戸建て・マンション 》

住宅ローン【払えなくなるケース】とは


カテゴリ:住宅ローン

マイホームの購入は、

一生に一度と言われるくらいの高い買い物です。

 

マイホームの購入は、個人が買い物をする中で一番高い買い物です。

多くの方は、何千万もの住宅ローンを利用して購入をしています。

 

新しい住居での生活は本当に楽しいものです。

ただ、世の中には住宅ローンを払えなくなる人がいることを忘れてはいけません。

 

cba1c0fc252c06195037e7eff5b4d820_s

 

住宅ローンを払えなくなる人は、10人に1人いるとも言われています。

 

これからマイホームの購入お考えの方には、せっかく手に入れたマイホームを、

手放すような事態にならないよう進めて行ってもらいたいです。

 

では、実際住宅ローンを払えなくなったケースとは、どのようなケースなのでしょうか。

いくつかご紹介いたしますので、将来のリスクに備えてご参考にされてください。

 

 住宅ローンが払えなくなる主なケース

 

■ 会社員の方で多いケース

残業代やリストラ、会社の倒産などで収入が減少して、住宅ローンの返済がきつくなった。

病気になって会社を退職して、収入が無くなった。

 

■ 自営業の方で多いケース

営業不振や取引先の倒産、病気による休業などで、住宅ローンの返済がきつくなった。

 

■ 離婚によるケース

夫婦合算で住宅ローンを組んで購入したが、その後離婚となり返済がきつくなった。

click_blu_maru3離婚時の住宅ローン【売却相談室】

 

■ 借入が多いケース

ギャンブルにはまり、消費者金融の返済に追われている。

車のローン、カードローンなど多重債務があり返済がきつくなったなどです。

 

その他のケースでは、転勤が決まり、家を貸すことになったが、

なかなか借り手が決まらず返済がきつくなったなどのケースもあります。

 

 充てにしていた収入がなくなる前に

 

先のことはわかりません。

金利が上がる、収入がなくなる、病気になる、もしかしたら事故に遭うかもしれません。

だからこそ、毎月の支出で大きく占める住宅ローンは、

勢い任せでなくしっかり考えておく必要があります。

 

住宅ローンが払えなくなる最も多い理由は、収入減です。

 

充てにしていた収入が減少して、

収入減を穴埋めするために借金を行い、借金を返済するためにまた借金をする。

つまり自転車操業の状態に陥り、住宅ローンを払えなくなるのです。

 

このケースに多いのは、一生に一度の高い買い物などと理由づけをして、

「毎月何とか払っていけそうだから大丈夫」と考え、

支払い能力以上に借入金額が増えた方です。

 

image-photo

 

住宅ローンには、返済負担率から算出される借入可能額があります。

 

一般的に金融機関は、借りる人の年収によって、返済負担率を25%~40%程度としています。

ただこれは、借入可能額の返済負担率であり、借入適正額の返済負担率ではありません。

 

一般的に借入適正額返済負担率は、25%以内が目安と言われています

 

あなたの住宅ローンの返済負担率は25%以内でしょうか?

目先の低い金利の住宅ローンで、毎月支出の生活設計を立ててないでしょうか?

 

低い金利で計算された毎月返済額で生活設計を立てることは、

利息総額のことを忘れて、安易に借入を増やすことに繋がりますので注意が必要です。

 

個人的には、少し金利が高い住宅ローン、

例えば【金利2%の住宅ローン】でも生活設計が成り立つような資金計画をおすすめしております。

理由は、【将来の金利上昇のリスク】や上記のような【予期せぬ収入減】に備える為です。

 

優れた性能やこだわりの家を求めて、一生に一度の高い買い物などと理由づけをして、

自分の資力以上の住宅ローンを借入することはおすすめ出来ません。

 

お客様の将来のリスクは営業マンの将来のリスクではありません。

きちんと住宅ローンの適正額を考えることをおすすめいたします。

 

 

arrow40-009 住宅ローンのご相談はこちらから

ホームページを見ました「住宅ローンのことで相談したいのですが」とお伝えください。

お電話又は下記メールより承っております。《相談無料》

inquiry-baner(estate) 156_original

グッドサポート不動産 (社)熊本県宅地建物取引業協会会員

click_blu_maru3ホームに戻る