熊本で「不動産売却・購入」のご相談なら、熊本のグッドサポート不動産

不動産売却・購入サポート

《 土地・一戸建て・マンション 》

住宅購入【学校区が違う転居先への入学】


カテゴリ:中古住宅・マンション購入, 新築・家づくり

お子様が小・中学校に入学する時は、

現在住んでいる地域の教育委員会が入学する学校を指定します。

 

私が住宅会社の営業職時代、

お子様が小・中学校の入学を控えていらっしゃるご家庭で、

建築予定地と現在住んでいる地域の「学校区」が違う場合がありました。

 

68fafbefaa0099d69e97f81bef44c670_s

 

このような場合はどのような手続きが必要になるのでしょうか。

参考としてご紹介いたします。

 

 まず早めに教育委員会の担当部署に相談

 

教育委員会から転居先の建築地の小・中学校に入学を認めてもらうには、

まずは教育委員会の担当部署に相談を行うことから始まります。

 

そして必要条件として、住宅の新築等でおおむね6ヵ月以内に

「転居が確実と分かる書類」の提出を求められるかと思います。

 

転居が確実と分かる書類とは、

建築確認通知書建物の売買(請負)契約書写しなどのことをいいます

 

つまり早めに建築確認を済ますのか、

建物の売買(請負)契約の締結を行うことが出来れば、

建築地に転居せずとも、転居先の小・中学校に入学が出来るようになります。

 

その他にも、

・市外に引越しをしたが、もうすぐ卒業なので今通っている市内の学校で卒業したい。

・諸事情などにより、祖父母の家から通学することになり、その区域の学校に通学したい。

などの指定校変更、区域外就学は、

教育委員会が相当と認める場合には、通学する学校を変更することを認めています。

 

詳しくは最寄りの教育委員会にお問い合わせください。

 

99f71e199fca149b456cf97a18b804d5_s

 

 

グッドサポート不動産 (社)熊本県宅地建物取引業協会会員

click_blu_maru3ホームに戻る