熊本で住み替えと不動産のご相談は、熊本のグッドサポート不動産
 

『丁寧な対応』を心がけています

   

新築・家づくり【土地探し記録】


カテゴリ:新築・家づくり|基礎知識

私が住宅会社の営業職時代、お客様に家をお世話する中で、

自分も家を建てたいという気持ちが大きくなり、家を建てることを決意しました。

 

次に土地代と建物代、その他の費用を含めた全体の資金計画を作り、

無理のない住宅ローンの返済計画を立てて動き出しました。

 

私の場合は土地を探す必要がありました。

 

まず初めに考えたのは建てる場所をどこにするのかということでした。

 

今住んでいる地域は昔から慣れ親しんでいるので今住んでいる地域がベストです。

また少し離れた地域でも住環境が良ければ候補の一つとして考えました。

 

次に土地探しを信頼している不動産業者の方に、

希望エリア、希望坪数、予算などを伝えて依頼をしました。

また自分の方でもインターネットで物件を探すことにしました。

 

早速インターネットで探してみた所、

今住んでいる地域に売地物件はありましたが、あるにはあるが…という物件しかなく、

また売地がなかなか出ない地域でしたので時間がかかると思いました。

それでも毎日、売地物件の情報をネットで探していました。

 

c2e5bdb9e85da858e10ab4febd444c72_s

 

ある時、依頼している不動産業者の方より連絡があり、売地物件を紹介していただきました。

 

希望エリアとして悪くありません。価格も悪くないのですが、

土地が道路より2m高く、擁壁工事が別途必要になる物件でした。

 

休みの日に奥さんと一緒に現地を見に行き土地と周辺環境を確認しました。

 

場所は悪くはないが、土地から見た南側のロケーションが暗く感じたのが気になりました。

 

その後、想定の建築プランと外観パースを作成しました。

建築イメージをもとに検討してみましたが、結局その土地は諦めました。

 

理由は、南側のロケーションが何となく暗く感じたのと、

土地代と別に擁壁工事が別途100万円ほどかかるためです。

新築・家づくり【土地の付帯工事】

 

da855702e949f2eabc2862fc66a8da6d_s

 

その次に紹介してくれた物件は、希望エリアより少し離れてはいるものの、

価格は悪くなく土地の広さも申し分ない物件でした。

ただ古家が建っている物件です。

 

休みの日に奥さんと一緒に現地を見に行き土地と周辺環境を確認しました。

 

現地には古家が建っていて誰も住んでいませんでした。

敷地内は雑草が茂っていて見た目は悪かったですが、

売主負担で解体工事を行い、更地で引渡しとのことでしたので特別気にはならなかったです。

 

場所と広さは悪くはなかったのですが、土地の周囲のロケーションが何となく暗く気になりました。

 

その後、また想定の建築プランと外観パースを作成し、

建築イメージを出して検討してみましたが、結局その土地も諦めました。

 

理由は土地の周囲のロケーションが何となく暗く感じたのと、土地の形が少し角ばっていたためです。

 

土地選びのポイントで、

私自身もお客様によくお伝えすることは第一印象です。

 

第一印象が悪ければ、その土地でどんなにいいプランを考えても諦める方が多いものです。

 

その土地を見て少しでも気になることがあれば、

その後もずっと気になり結局諦める方が多いものです。

 

逆に印象が良ければ、気になる所は小さく見えるものです。

これは中古住宅やマンションなど物件探しでも同じ事が言えます。

 

私の場合、2物件は近隣のロケーションが何となく暗く感じたので諦めました。

 

これは感覚的なものですが、大事な判断要素の一つなんです。

 

それからまた新たに次の物件を探すことにしました。

 

ただ探している時に限ってなかなか物件は出てこないものです。

不動産の巡り合せは縁ものです。

 

希望の物件が出てこないまま数ヶ月が経ち、

ネットで物件探しをしない日が多くなっていきました。

 

そんなある夜、久しぶりにネットで土地情報を見ていたら一つ新着物件を見つけました。

 

その物件は今住んでいる所から徒歩1分。

価格は申し分ないが広さは希望よりも少し狭く、古家が建っている物件でした。

現状での引渡しの為、解体工事費用は買主負担との事。

 

夜でしたが、徒歩1分でしたので奥さんと一緒に見に行きました。

 

古家と庭、駐車場があり、家には誰も住んでいない様子でした。

土地勘もあってか夜に見た印象は悪くなく、ビビッと感じた好感触がありました。

 

どこかに同じような条件で土地を探している方がいるかもしれません。

すぐにその夜、奥さんと話し合いその土地をおさえることに決めました。

 

決断のスピードは時にとても重要です。

検討してから決断する間に、他の人が購入の申込みをする可能性もあります。

 

翌朝早朝、出勤前に現地を再確認しに行きました。やっぱり印象は悪くなかった。

 

午前中に信頼している不動産業者の方に連絡をして、

昨日の夜に見に行った物件のことを伝え、詳しい物件資料を頂きました。

 

物件をおさえたかったので、すぐに不動産買付証明提出しました。

 

仕事を終え家に帰り、想定の建築プランと外観パースを作成し、建築イメージを出してみて確認。

想定の建築プランでしたが、土地にプランが入りましたので安心しました。

 

76bea864eb7b74babd21ad116b1690b7_s

 

その後は、不動産業者の方が売買価格の交渉をしていただき、

結果として解体工事費用分が安くなり、売主さんと売買契約を締結いたしました。

価格面において売主さんのご厚意をいただき感謝申し上げます。

 

最後に土地選びのポイントで、上記でご説明しました第一印象のほか、

大事なポイントがありますのでいくつかご紹介しておきます。

 

付帯費用がかかるのか

法的に理想のプランが建つのか

私道の場合は持分などの権利関係の確認

境界の確認

売主がどんな方で、どういう理由で売却に出しているのか

・将来売却時の資産価値

・道路の交通量

・道路幅員

・近隣環境などがあります。

 

 

グッドサポート不動産 (公社)熊本県宅地建物取引業協会会員

ホームに戻る